Uninestは、25年以上学生向けレジデンスの運営・管理を行ってきたGSA(Global Student Accommodation)が展開するレジデンスブランド。2015年にアラブ首長国連邦のドバイに最初のレジデンスをオープンして以来、世界で学生専用レジデンスを展開しています。現地の学生と世界中から集まった留学生とが共同生活できる環境と、学生の視点に立ったスタイリッシュで安全な設備を提供し続け、これまでアイルランド、ドイツ、ドバイ、イギリスで、約11,500名の学生が多様性にあふれた学生生活を過ごしました。そして2018年4月、東京・白山に日本第一号となるUninest Student Residence “HAKUSAN HOOUSE”が誕生。日々の暮らしの中で英語と国際感覚を肌で感じられる環境をお届けします。これからもより多くの学生が、学生時代にしかできない貴重な体験を積み、社会に大きく貢献できるような人材になることが私たちの切なる願いです。


People icon

私たちHakusan Houseの強み

プライバシーとコミュニティ形成に配慮したデザイン:  これまで世界各国で培った独自のノウハウから、プライベートとパブリックがほどよく混ざり合うデザインを採用しています。自分の部屋は、集中して勉強したり安心して睡眠をとることのできる空間。共有スペースは、他の学生との会話が弾み、友だちの輪がどんどん広がっていく空間というように、状況に応じて使い分けができるような設計がなされています。

引越し準備:  必要な家具はあらかじめ付いているため、想定外の出費に悩まされることはありません。

アクセス良好な立地環境:  レジデンスの立地環境は、複数の学校の通学圏であること、駅へのアクセスの利便性を重視して選定されました。さまざまな国、学校の学生との共同生活をHakusan Houseでエンジョイしましょう!

安心で快適に過ごせる環境づくり:  日本語と英語が話せるフレンドリーなスタッフが24時間常駐。マンション、アパートでの一人暮らしでは自分ひとりですべてを解決しなければなりませんが、HAKUSAN HOUSEではトラブルや学生のお悩みにすばやく対応できる環境が整備されています。監視カメラ付きのオートロックシステムを完備しており、セキュリティも万全です。

質問がありますか?

ご質問がありましたら、ぜひお気軽にこちらのページからご連絡ください。

スタッフを見る

レジデンスで働くスタッフは、私たちのコアバリューです。日本語と英語の話せるフレンドリーなスタッフを常駐し、日本人学生と留学生の橋渡しをしたり、学生生活におけるトラブルや悩みに迅速に対応します。楽しいイベントやパーティの企画も行っていますので、ぜひ一度、遊びに来てみて下さい。

弊社の人々の表示

レジデンススタッフ応募はこちらから

レジデンスで働くスタッフを募集しています。フレンドリーに学生の相談を聞き問題解決に取り組める方、学生の充実した学生生活を応援したいと思える方、建物の運営管理など、日々の安心を支えていきたいという意欲が高い方などを募集しています。Uninestのサービスは、レジデンススタッフの力によって向上します。ぜひ私たちと一緒にHAKUSAN HOUSEで働いてみませんか?

詳細をご覧ください