英語が上達するだけじゃない! 留学生と一緒に住んでみて分かったメリット5つ

Hakusan Houseは、日本ではまだめずらしい、日本人大学生が留学生と共同生活を送ることができる学生レジデンスです。

留学生との共同生活がどんなものか、想像するのはなかなか難しいですよね。具体的にどんないいことがあるのかも気になります。そこで今回、実際に大学寮で留学生のアシスタントをしながら共同生活を送っている日本人学生のHさんに、お話を聞いてみました

−なぜ現在の大学寮に住み始めたのですか?

ずっと実家で暮らしていたのですが、来年イギリスに留学することが決まり、留学先が初めての一人暮らしになるのが不安でした。英語の勉強もしたかったので、大学の寮が英語で留学生のヘルプをしてくれる入居者を募集しているのを知り、応募しました。

−たしかに文化も言語も違う国で、突然1人で生活するのは不安を感じそう・・・。

現在はどんな国籍の学生と共同生活を?

ドイツ人、イタリア人、インド人と住んでいます。毎日英語でコミュニケーションを取っていますよ。生活を共にすることで、違う文化や宗教観があることを肌で感じられるのもとても新鮮でおもしろいです!ヒンドゥー教の学生が、意外にもふつうに牛肉を食べていたり、ベジタリアンのドイツ人が日本での外食に困っていたり、すごくエコに意識の高い別のドイツ人が、日本のレジ袋文化に戸惑っていたり・・・。そういったことを日常的に目のあたりにするので、こちらも日本の文化や風習について説明する機会が増え、日本のことも前より考えるようになりましたね。

−実際に住んでみてよかったところはどこですか?

たくさんあります!

英語は毎日使わないとどうしても忘れてしまうので、日常的に使う機会に恵まれたのは本当によかったです。共用スペースに行けば必ず誰かがいて、部屋に帰れば自分のプライベートな時間があるという、その距離感が私には合っていますし、毎日楽しいですね。

留学生は自国の政治や社会に興味のある人が多いので、「君は今の日本の政権についてどう思うの?」などとすごくカジュアルに聞かれます。あまり日本人の学生同士では話さない話題を話し、考えられるのもいいところだなと思います。

また、日本文化に興味津々な留学生は、休みのたびに築地や富士山などに出かけていきます。私より東京に詳しくなっている学生もいて、逆にこちらが日本のことを教えられたりします。

仲良くなった留学生の友人が帰国してしまうのは寂しいですが、それはいろんな国に友人がいるということでもあります。こちらがその友人の国に遊びに行けばまた会えるという楽しみができました。

あと、個性豊かな留学生たちと英語で話すうちに、日本人と日本語で話すときもハキハキと話せるようになった気がします。日本語の、共感に頼りがちなコミュニケーションに、きちんと言葉にして伝えるという意識が加わったというか・・・。思っても見なかった変化や収穫が、本当にたくさんありましたね。

−なるほど、なんだかステキですね。

 

Hさんのお話をもとに、留学生と共同生活を送ることのメリットをまとめてみました。

 

1.    実家を離れて外国人と生活してみることで、留学前の予行練習になる!

2.    日常的に英語を話す機会に恵まれるので、英語の勉強になる!

3.    個人の部屋と共用スペースがあるので、自分の好きなペースでコミュニケーションが取れる!

4.    文化や宗教の違いを日々目の当たりにすることで、異文化理解が深まる!

5.多様な学生と触れ合い会話することで、コミュニケーションスキルが高まる!

 

Hさんのお話を聞いて、留学生と触れ合ったり英語を学ぶことの醍醐味は、自分と他人との違いを目の当たりにして、知らなかった自分や日本の文化に気づかされることなのかもしれないと思いました。

来年4月にオープンするHakusan Houseでも、たくさんの学生がいい出会いをしてくれるといいですね。