東京にいながら、世界中の人達が集まった大学生シェアハウスで暮らそう。

新しいタイプの学生専用レジデンスが東京の文京区にオープンします。

イギリス、ドイツの各都市やドバイをはじめ、世界中で大学生専用の住居を提供する「UNINEST STUDENT RESIDENCES」は、この度、東京・白山に日本で最初のレジデンスをオープンします。 「UNINEST STUDENT RESIDENCES」に住むメリットは、何と言っても、海外の学生とシェアハウスの中で日常生活を送ることができること。世界中から集まった364人の大学生と共に、まるで海外に留学しているかのように東京で暮らすことができます。自分の部屋から一歩外に出て、共有スペースに顔を出せば、異なるバックグラウンドを持つ大学生との外国語でのコミュニケーションが待っています。

スタイリッシュな家具や公共料金等も家賃にすべて含まれています 共用スペースでは一人暮らしのマンションにいながら留学生との交流イベントも

「Hakusan House」は複数の大学が通学圏内にある恵まれた立地にあり、都営地下鉄三田線白山駅へは徒歩3分。さらに、東洋大学へは徒歩6分、東京大学や中央大学も徒歩20分以内です。留学生を含む、さまざまなバックグラウンドを持つ学生と交流できることは、他のマンションやアパートでの一人暮らしにはない魅力。 英語・日本語の話せるスタッフが24時間常駐し、学習スペースやシアタールームなど、大学生の視点に立った共用施設も充実しています。大学生同士の交流イベントも定期的に行いますので、自然と英語を話す機会も増えます。 価格はオール・インクルーシブ方式(公共料金、ネット費、管理費等が賃料にすべて含まれる方式)を採用。初期費用もなく、想定外の出費に悩まされることはありません。また、家具や生活雑貨を一式揃える必要がないため、数年後に海外留学を予定されている方や、留学から帰ってきてから卒業までの1、2年間を過ごされる方にも最適です。

レジデンススタッフによるブログ

レジデンススタッフによるブログ

英語が上達するだけじゃない! 留学生と一緒に住んでみて分かったメリット5つ

July 28, 2017 まで deonlima

Hakusan Houseは、日本ではまだめずらしい、日本人大学生が留学生と共同生活を送ることができる学生レジデンスです。 留学生との共同生活がどんなものか、想像するのはなかなか難しいですよね。具体的にどんないいことがあるのかも気になります。そこで今回、実際に大学寮で留学生のアシスタントをしながら共同生活を送っている日本人学生のHさんに、お話を聞いてみました 詳細を読む >

住みたい場所はどこですか?

オーストラリア

詳しくはこちら

アイルランド

詳しくはこちら

スペイン

詳しくはこちら

イギリス

詳しくはこちら